コーヒーショップで休憩などいかが?

世の中には、カフェと呼ばれるお店や、喫茶店と呼ばれるお店、純喫茶など様々な呼び名で呼ばれているコーヒーを取り扱うお店がたくさんありますが、コーヒーショップとは、どういった位置付けのお店になると思いますか?

コーヒーショップとは、基本的にコーヒーを専門にお客様に提供しているお店のことを言います。コーヒーを専門で取り扱うお店ということで、店内で、コーヒー豆や用具なども併せて販売しているお店をコーヒーショップと読んでいます。

コーヒーショップは、コーヒーだけを提供するのでは無く、他の飲み物(基本的にソフトドリンクのみで、アルコール類の提供は無い)や軽食(主にパンやサンドウィッチなどの軽食)を提供しているのが特徴です。

コーヒー自体の歴史はなかなか古く、初めて伝来したのは江戸時代と言われており、その時は日本人の味覚に合わず受け入れられませんでしたが、その後、黒船の来航と共に西洋文化が広がっていった長崎から、開港地の函館、横浜などを中心として西洋文化が広まって行き、その中で、コーヒーも徐々に一般庶民に広まって行きました。

ビターでちょっと大人なコーヒーをオシャレに味わうことがステータスになり、ゆっくりと椅子に腰掛けて本を読みながらコーヒーを飲む。
店内に流れるJAZZを聞きながらコーヒーを飲む。といった、今で言う昭和レトロなお店が数多く存在していました。

その当時のコーヒーショップの名残が有るのが、現在の喫茶店であったり、純喫茶と呼ばれているお店ではないでしょうか。

現在のコーヒーショップとは、スターバックスやタリーズのような若者向けチェーン店が非常に多く、昔のレトロな雰囲気は無くなり少し寂しく思いますが、今の コーヒーショップのオシャレとは、テラス席でパソコンさわりながら、スタバのカップ片手に歩きながら、みたいな雰囲気が好まれており、これも時代の流れの 一つで、西洋化しつつある日本の現状を物語っているのかもしれないですね。

コーヒーショップのBGM

コーヒーショップで流れている音楽って、音楽そのものの自己主張が強過ぎると、少し耳障りな感じが出てしまいお店にとっても、お客さんにとってもあまりよくはないですよね。

そこで、コーヒーショップに似合っている自己主張し過ぎないイイ感じの曲で、BGMにもってこいな曲を何曲かご紹介したいと思います。

orah jones ノラ ジョーンズ
「come away with me」
ジャズを知らない人でも聴きやすい曲です。ジャズ感を出し過ぎていないところが素敵です。
ノラ ジョーンズでもう一曲ご紹介したい曲があります。
「Don’t Konw Why」
皆さんご存じだと思いますが、ブルーノート始まって以来の大ヒットを記録したデビュー曲です。本当に癒されますよね。

keane キーン
「Somewhere Only We Know」
ヴォーカルと美しいキーボード&ドラムが見事にマッチしていて本当にイイ感じの癒しの曲になっています。

bjork ビョーク
「Generous Palmstroke」
ビョーク歌声とシンクロしているハープの演奏が非常に素晴らしくて心がリラックス出来ます。

Eric Clapton エリック クラプトン
「Tears in heaven」
亡き息子への懺悔と贖罪が歌詞として綴られています。歌詞を見ると切なくなっててしまいますが…。

その他、言わずと知れたジブリ映画には欠かせない久石譲さんの音楽アルバムなども、落ち着いた雰囲気を出すには持ってこいだと思います。オススメは「THE BEST OF CINEMA MUSIC」
東日本大震災のチャリティーコンサートの録音ですが、文字通り
「BEST OF CINEMA MUSIC」です。

他には、「ルパン三世」の編曲者、大野雄二さん自らが手掛けたLUPIN THE THIRD「JAZZ」シリーズなんてのも違った意味のオシャレで素敵だと思います。

やはり、ジャズや、クラシックと言った少し落ち着いた曲が万人受けしてコーヒーの良いお供になるような気がします。

ワイナリー経営について知りたい

自分でぶどうから育ててワインをつくる、そして販売して成功する。
ワイン好きにとっては夢のような話だと思います。
ワインを愛している人であれば誰もがワイナリー経営を一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。
自分のオリジナルのワインをつくるなんて非常に夢がありますよね。

しかし、ワイナリー経営を夢見たことがある人であれば、経営を行うことは非常にハードルが高いものであることもご存知の人が多いと思います。

ワイナリーの経営を行うとなれば、ぶどう畑作れるだけの土地を用意しなければいけませんし、使用する機材も揃えなければいけません。
そして関連する免許も必要ですね。
これらの準備にかかる労力と費用だけでも相当なものになります。
初期費用は小さめのワイナリーであっても数千万円くらいはかかるといわれています。

さらに、最も高いハードルとなるのがワイナリーが本格稼働するようになるまですごく期間がかかってしまうということでしょう。

ぶどうを植えるところから始めて、フル稼働するようになるまで少なくとも5年くらいはかかってしまうと言われています。
それに準備する期間も入れるともっと期間は必要になります。

販売出来るようになって利益を上げるまでは、当然収入は入ってきません。
それだけの期間を耐えることが出来るだけの経済力が必要だということになります。

さらにフル稼働出来るようになって販売したとしても、絶対に売れるという保証はありません。
初期費用分を取り返せる保証もありませんし、取り返せたとしてもかなりの期間がかかることを覚悟しておかなければいけません。

出典:http://www.franciacorta.net/ja/

このようなことから、フランチャコルタなどワイナリー経営を行う人は他のビジネスで成功して大きな資産を築き上げた人がリタイアをした後に行うという人が多いのです。
アメリカなどでは、リタイア後にワイナリー経営を行うことが成功者のステータスとなっているようです。

そういった人が多いことから、成功者の道楽といわれることもあるようです。

 

Comments are closed.