日別: 2018年10月9日

信頼できる検査依頼なら「保健科学東日本」へ

■信頼できる検査機関の保健科学東日本

医療の進歩のためには信頼できる検査機関が重要ですが、検査の精度だけでなくそのスピードも大切であるといえます。

そのような数ある検査機関の中でも「保健科学東日本」では、生化学検査や血液学検査をはじめとして一般検査および腫瘍マーカーや内分泌学、薬物血中濃度免疫学や微生物学などさまざまな臨床検査をしており医療機関から預かった検体に対して依頼された指示を忠実に遂行しながらより正確なデータをできるだけ早く届けるように誠実に仕事をしています。

そのための最新式の機器などを使い、正確な技術と信頼できる品質管理システムによって万全の態勢で依頼に応えている検査機関でその正確さとともにスピードも重要だと認識していますので届いた翌日に依頼者へ結果を報告できるように至急の案件の場合には最短で1時間で連絡することが可能になっています。

糖関連においては、採血管1本で血糖やヘモグロビンなどを測定出来ますので患者さんの負担を最小限にするということで評価も高く、血液学においてはまずは血球数算定と凝固系などを主軸としておこないながら血球数算定では最新式の「SYSMEX社製のXE-2100」をメインの測定器として、より正確な数値で報告出来るため異常細胞や重度の貧血などの判断を翌日には結果を届けることが可能です。

また凝固系では一般的な凝固項目に加えて「アンチトロンビンⅢ」や「FDP定量」や「Dダイマー定量」なども測定されます。もう一つの特徴としてはこれらの検体がバーコード対応で検体の測定や再検査やスライドなどの作成までが自動で行うことができるため、高い精度で報告するとともに専用にシステムに登録管理されるので、患者さんの前回の結果や数値や項目などをもとに判断でしやすいといわれています。

■正確な情報を得て異常を見つけ出せるようスピーディに結果を報告している

「保健科学東日本」においては一般検査では、主に尿の成分や濃度などを計っていますが、尿は血液とは違い痛みをともなうことがないので患者さんへの負担も少なく非常に貴重な検体ですので、そのため集団検診などでもよく利用され、身体の基本的な情報を得るためには有効といえます。

さらに尿は腎臓などに関しても正確な情報を得られるだけでなく、膵臓や肝臓などといった臓器に関してもさまざまな異常を見つけることができますので、「保健科学東日本」ではこのような状況に対応するため、尿の自動分析装置を3台そろえており、非常にスピーディに結果を報告することやまたそのデータに関しても前回数値との比較や疑陽性尿定性や尿沈渣などさまざまな相互に連動措置を取っています。

他にも、寄生虫の虫体や虫卵などを鑑別し、偏光顕微鏡を使うことによって痛風などの指標を判断し、髄液検査や腹水や胸水さらには精液検査など、人の身体から採取できる体液や排せつ物を幅広く検査することができます。

また細菌の検査においては塗抹鏡や培養同定や薬剤感受性検査などをすることで、感染症の起因菌についての特定をおこなっており、それらの材料としては血液だけでなく尿や糞便なども適宜あつかうこともありますし、用いることも多いのが特徴です。

これらには自動機器を使用し、自動化による迅速性も高め時間の短縮化も図りながら、特に病原大腸菌O-157などにおいては選択培地を用いることで一層の検出率を上げることと時間効率を大切にしているシステムです。

免疫検査においては、感染症やアレルギー検査や腫瘍マーカーや内分泌や自己検体検査などを主におこない、特に感染症に関してはウイルス肝炎やHTLV-1や梅毒などだけでなくCLIA法によって肝炎ウイルスやなども、翌日に結果がわかるようになりますので非常に便利です。

アレルギー検査においては花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などよく知られたタイプだけでなく、生命の危険をともなうような重篤な症状の出るアレルギーなどの場合にも十分対処していますし、できる限り正確及び迅速さを追求し、すべてのデータは専用のシステムにおいて管理データの提供をするようにしています。
※参考記事:保健科学東日本口コミ

■専門の担当者が検査確認し、高い信頼と正確かつ迅速性を重要視して検査行っている

「保健科学東日本」の病理組織検査では、できるだけ高度の情報を、病理専門医と経験豊富な臨床検査技師によって検査がなされ、高品質で高い信頼を得られる検査結果を提出しており、これらは衛生検査指導要領に基づいた施設や設備またはSOPに準拠した精度管理をおこなっています。

さらに手術などにおける大型の組織に関してもデジタルカメラなどの使用によって、より正確にわかりやすい検査結果を随時報告していますし、細胞診検査は細胞診標本を専門検査士が確認し、悪性の疑いがあるような場合にはすみやかに専門医による最終的診断結果を出しデジタル顕微鏡などによって報告書とは別に写真なども提出していますので、このように「保健科学東日本」では正確性及び迅速性を重要として、さまざまな検査おこなう信頼できる検査会社ですし、医療関係機関からの需要も特に多いです。