喫茶店

日本にコーヒーが伝来して来たのは、江戸時代だったと言われています。

しかし、日本で一般庶民にも日常的にコーヒー が飲まれるようになったのは明治時代以降になり当時は、ごく限られた人達の間でしか飲まれていませんでした。

しかし、1888年(明治21年)東京上野黒 門町(現在の台東区上野)に可否茶館(かひいちゃかん)が開店します。

この可否茶館が日本の喫茶店一号店と言われています。

この開店させたのは鄭永慶氏で、この鄭永慶氏は、北京代理大使も務めた鄭永寧氏の次男であり、自らも外務省・大蔵省に勤めていましたが、外務省を退職し、「可否茶館」を開店しました。

開店した可否茶館は現代で言う複合喫茶の様な感じで、娯楽品であるトランプやビリヤードなども用意され、国内外のあらゆる書籍や新聞も常備、今の喫茶店では考えられない化粧室やシャワー室まで備えられていました。

鄭永慶氏は「コーヒーを飲みながらさまざま知識を吸収し、さまざまな人々が文化交流出来る場所」として広めようとしました。

しかし、時代はまだまだ鹿鳴館時 代だった事もあり、一般庶民に華やかな社交場としての喫茶店は受け入れられず、徐々に経営は下降線を辿るようになって行き、1892年(明治25年)つい に日本第一号店の喫茶店は、わずか4年という短い期間で、その幕を下ろすことになります。

鄭永慶氏は傷心アメリカ合衆国に去り、シアトルで若くして亡くなりました。

その後、1911年(明治44年)東京の銀座にカフェー・プランタンやカフェー・パウリスタ、カフェー・ライオンなどの自称カフェーが次々と開業していき、 カフェー・プランタンは 「初の会員制カフェ」、カフェー・パウリスタは「初の庶民派喫茶店」「初のチェーン店舗型喫茶店」、カフェー・ライオンは「初のメイド喫茶」としてそれぞ れ人気を確立しました。

その後、1938年(昭和13年)にはコーヒーの輸入制限が始まり、第二次世界大戦以降、完全に輸入が禁止され、喫茶店は次々と閉店していきました。

Comments are closed.