カテゴリー: 子育て

保育士不足解決のカギは景気対策

保育士不足解決は景気をよくするより他にない

保育士不足解決のカギは景気を良くするようり他にはないと考えられます。

というのは保育士はビジネスマンではありませんから、自分で商品やサービスを売って利益を上げるという事が出来る仕事ではないからです。

つまり、自分で収入を増減させられない状態にあるといってもいいでしょう。

そのため収入が少ないという事でなり手が少なくなってしまうわけです。

収入がもっと多ければ保育士になる人は増えると考えられますが、保育士の収入が増えるという事は、それだけ利用者の負担が大きくなるという事ですから、負担が多きなれば保育士の利用を止めるという人も出てくるわけで、これが増えるには負担が増えても大丈夫という人を増やすほかありません。

即ちこれが景気対策につながるというわけです。

ここで大切な事は保育士が嫌でなる人が少ないというわけではないという事です。

なり手がないというわけでもなく、単に収入が少ないのでしないというだけなのですが、この収入を上げることが出来ればなりては十分にいるわけで、後はどれだけ景気を良くすることが出来るのかにかかっているという事になってきます。

やはり最終的には、鍵は景気対策となるという事になってくるわけです。

現状ではなかなか景気がこれから良くなる事は難しいとも考えられています。

景気刺激策がない日本

というのは、日本にそれだけの景気刺激策がないからです。

政府も景気対策という割には何もしないどころから月末の金曜日は早く帰ろうという日を作って、働かない方向で労働環境を改善していこうとしているところがあります。

これがいかに矛盾しているのかという事はまだ世間で放置されている状態です。

景気は良くしたい、働きたくないでは資源が乏しい日本がこれから世界で勝っていく事は出来ないでしょう。

何しろ既に技術立国として世界に君臨した技術的な有意性は既に無くなっているともいってもいいような状態です。

既にネット社会となり今は多くの人が世界で競争をしている状態なのに金曜日は早く帰って仕事は出来るだけ早く切り上げようという政府の方針ですから、これでは景気が良くなる可能性はほとんどないといってもいいでしょう。

これに対して新興国などは帰る時間など気にすることも無くひたすら仕事をしようとしているぐらいです。

今の日本の景気は世界を技術でリードしていた頃の恩恵によって出来ているという事を考えれば、これがいかに危険な状態なのかという事が分かるでしょう。

保育士不足が解決するような可能性はどんどんと遠ざかっているという事が言えるのかもしれません。

保育士不足が解決しないとハッピーマムなどの保育園も増やすこともできません。

基本的に政治は経済が全く分かっていないといっても良いかもしれません。

増税をすればさらに景気が悪くなる

そのことは増税についても言える事です。

今の景気で増税をすれば間違いなく消費は落ち込んで景気は悪くなるでしょう。

そうなれば肝心の税収すら少なくなる可能性すらあります。

そのようなリスクを背負ってでも増税路線を走ろうとしているのは完全に経済が分かっていないからだといえるでしょう。

今の日本の状況を正しく理解していないといえます。

今の世界はネットによって情報がほとんど画一化されていて、技術的な情報もほとんど流出して同じようなレベルになっていると考えられます。

実際に車などの最先端技術も新興国でも作られるようになっていて、特に大きな差は無くなっています。

そうなると、高い日本の車を買うところは少なくなっていく事も考えられるのです。

これから電気自動車や自動運転車となった時に日本の車が選ばれるかどうかなど分からない状況にあるという事を理解する必要があります。

世界は今自由競争の真っただ中にいるので、このような状況下で技術開発を怠ることがあれば、それは忽ち世界に後れを取る事になり景気の低迷を招く事なります。

そうなれば保育士不足解決など夢のまた夢ということになるでしょう。

政治の世界ではお金は湧いて出てくるようですが、実際の経済においてはそのような事は決してありません。

お金は少しでもメリットのある方に動くというのが当然で、ネット社会で情報が氾濫する今では、少しでも良いものがあれば、世界中の選択肢の中からそれを選んで買われていくという事を考えておく必要があります。

保育士不足解決の問題は、世界経済と大きく関わってくる

即ち保育士不足解決の問題も世界経済と大きく関わってくるという事になるわけです。

保育士を増やそうという努力をするのであれば、間違いなく経済を良くする必要がありますから、世界で勝てるビジネスを育成する必要があります。

となれば、今金曜日は早く帰る時なのか、働くべき時なのかという事は明快にわかるのではないでしょうか。

自由経済は競争の社会であり、負ければいかなる言い訳もできずに撤退させられるというだけの世界です。

そのような厳しい社会だという事を今一度日本は自覚をすべき時に来ているという事が言えるでしょう。

そうしなければ、これからどんどんと世界から後れを取る事になってしまいます。既に日本は休日の数では世界トップレベルになってもいるのです。

ハッピーマムが教えます「保育園とはこんなところです。」

認可保育園と認可外保育園の違い

保育園とは保護者が共働きであったり、母子家庭または父子家庭、あるいは病気などの理由があり乳幼児を家庭で保育することが出来ない場合に、両親に代わって保育する児童福祉施設のことをいいます。

管轄は幼稚園は文部科学省ですが厚生労働省となります。

共働きが増える今、保育園は大変役に立つ便利な施設であり、保育園の空き待ちいわゆる待機児童の問題として取り上げられるようになりました。

働きたくても子供を預けるところがみつからないので働けない親が増えてきているのが現状です。

保育園は認可と、認可外があり、認可保育園は施設の広さや保育士の数、給食の施設などが一定の基準をクリアしている施設で、保育料は世帯収入によって決められます。

一方、認可外保育園は許可をうけていないものの子供を保育する施設のことをいいます。

保育料は一律のところが多く、夜間の保育をしているところもあります。どちらも0歳から6歳までの子供を預けることができます。

保育園生活の一日の流れ(午前)

子供たちはどのような生活を送っているのかといますと、まず保護者の方と一緒に登園します。

保護者は、クラスの先生に連絡事項や子どもの様子などを伝えます。

私は短期大学の保育科をでているので、実習でお世話になったことがあるのですが、朝はやはり保護者から離れるのが寂しくて泣きだしてしまう子供も多くみられました。

保育士は抱っこをしたりして、情緒の安定をはかります。

でも3歳から6歳ぐらいになるとすっかり慣れて、子供自身も成長するので、保護者からスムーズに離れられることが多いです。

クラスの全員が揃って来たら、朝の会が始まります。

ここでは、みんながクラスの保育士の前に集まってピアノに合わせて元気に朝の歌を歌ったり、朝の挨拶を元気に行います。

保育士は、クラスの全員の名前を呼び出席の確認をします。子供たちは自分の名前が呼ばれたら元気にお返事をします。

欠席の子供がいると残念そうにする子どももいて、仲間を思いやる優しい気持ちを感じることが出来ます。

他にも手あそびや、紙芝居、今日の1日の流れを子供たちに伝えます。

朝の会が終わりましたら、一斉保育といって、みんなで同じ活動をします。

その日の日課によって違うのですが、行事の制作をしたり、粘土遊びをしたり、お散歩にいくこともあります。

保育園の日課の決め方

ところで日課はどうやって決まられているのでしょうか。

毎日保育士のその場の思い付きで保育をしているのではありません。

日課は日案といって、そのクラスの保育士が予めきめています。

週案というのもあり、これは1週間の保育の案となります。

ですので、「またこれ?この間もこの活動だったよね。」と感じたりすることはなくなります。

次に自由遊びです。

ここでは、子供たちそれぞれが保育士さんに見守られながら好きなことをして過ごします。

その後に、給食の準備になります。

子供たちは順番に手を洗って、給食の支度をします。

保育士さんは配膳をし、子供たちも自分の席につきます。

みんなが揃って準備もできたら、いただきますの挨拶をして食べ始めます。

保育士さんは、子供たちに「おいしい?」と声掛けをしたり、子供たちが楽しく食事ができるように促します。

保育園生活の一日の流れ(午後)

給食の時間が終わるとお昼寝の時間になります。

歯をみがき、持参しているパジャマに着替え、一人で上手に着替えられない子供には保育士さんが、言葉がけをして様子を見守ってくれます。

布団が敷き終わると、それぞれの布団に寝転んで、保育士さんに背中をトントンしてもらいながら子どもたちはお昼寝をします。

その間保育士さんたちは、交代で昼休みをとったり、連絡帳に子どもの様子を記入したりします。

誰もクラスの中に保育士さんがいないというようなことがないようにいつでも子供たちのことを見守っています。

トイレの場合でも、みんなを起こさないようにそっと誘導してくれます。

1時間半ぐらいお昼寝をしたら、起きた子供からパジャマを脱ぎ、普段着に着替えます。

着替えが終わった子供から静かに好きなことをして過ごします。

全員が起きて片づけが終わったらおやつの時間です。

子供たちはおやつが大好きなのでとても楽しみにしています。

ここでも、保育士さんは、机、イス並べ配膳をして子供たちは自分の席について、みんなで挨拶をしておやつを食べます。

メニューもお好み焼きやクッキーなどとても豊富です。

認可外の場合は、おやつが持参のところもあるので、子供たちは持ってきたおやつを食べます。

食べ終わりましたら「ごちそうさまでした」の挨拶をして片づけをします。

おやつが終わった後は、自由遊びとなり、帰りの会になります。

みんなで帰りの歌を歌い、さようならの挨拶をし、保護者が迎えに来るのを待ちます。

保護者が迎えに来た子供から、保護者に子どもを引き渡し、今日の様子を保護者に伝えます。

今日の様子は保護者が一番知りたい情報なので、話すことでコミュニケーションや信頼関係が生まれ、より良い保育をすることができます。

クラスの子供全員のお迎えが来たら、保育は終了となり、保育士さんは掃除や、明日の準備にとりかかります。

※参照サイト・・ハッピーマム料金