カテゴリー: 趣味

吉野さんもおすすめ!映画を見るなら便利なビデオ・オン・デマンドサービス

ビデオ

1.映画が大好きな吉野勝秀さんもおすすめ!映画鑑賞について

家庭で映画を楽しむときは、レンタルショップでDVDやBlu-rayを借りてテレビで見るのが一般的でした。
レンタルショップは日本全国各地にあり、誰でも利用することができます。

店内には名作から最新作のDVDやBlu-rayが置かれており、ジャンルも洋画・邦画・アニメと豊富です。
大人から小さな子どもまで楽しめる作品が揃えられているので、充実したラインナップと言えるでしょう。

しかしレンタルショップの不便なところは、必ずしも借りたいDVDやBlu-rayが借りられるわけではない点です。

貸出中の場合は返却されるまで借りることができず、見たい作品のDVDやBlu-rayを借りに店舗まで行ったのに、無駄足になるといった経験をしたことがある人も多いでしょう。

2.レンタルしたけど見ずに渋々返却することも・・・

特にレンタルが開始されたばかりの最新作は人気があり、貸出中である確率は高く注意が必要です。
もう一つレンタルショップの利用者なら一度は経験があると言っても過言ではないのが、延滞です。

レンタルショップでは、期間内に借りたDVDやBlu-rayは返却しなければいけません。
返却を忘れてしまうと延滞料金が発生し、余計なお金を取られることになります。

まとめてDVDやBlu-rayを借りてしまうと、全ての作品を期間内に見ることができません。
学校や仕事が忙しくまとめて見る時間が取れないとすぐに期日が訪れ、1回も見ていないのにそのまま返却するケースは良くあります。

1回もDVDやBlu-rayを再生せずに返却するのは、お金の無駄です。
かといってそのままにしておくと延滞料金の方が高くなるので、渋々返却した経験がある人も多いでしょう。

3.ビデオ・オン・デマンドサービスとは?

レンタルショップは学校や仕事帰りに気軽に立ち寄れるメリットがある反面、貸出中や返却のリスクがあると言えるでしょう。
そこで近年注目を集めているのは、ビデオ・オン・デマンドサービスです。

ビデオ・オン・デマンドサービスとは、インターネットを使い映画などの映像コンテンツを配信するサービスです。
自宅で映画を見る一つの手段として広まっており、利用者は年々増加しレンタルショップより選ぶ人が増えてきました。

基本的にビデオ・オン・デマンドサービスは、配信中の作品なら見放題です。
一部には有料タイトルが含まれるサービスがあるものの、基本的には月額料金を支払えば配信されている作品は全て視聴することができます。

そのためレンタルショップのように、店舗まで行ったのに貸出中で見られないといったケースはありません。
配信中の作品ならいつでも好きなときに見ることができるので、見たいときにすぐに見られるメリットがあります。

4.スマホなど様々な端末で視聴することができる

また見放題サービスなら、視聴期限は設けられていません。
配信が終了するまでは好きなタイミングで見られるので、レンタルショップのように返却のことを考える必要がありません。

自分のペースで見ることができるので、落ち着いた心で映画を楽しむことができるでしょう。
もちろんビデオ・オン・デマンドサービスのメリットは、レンタルショップのデメリットが解消できるだけではありません。

一番のメリットと言えるのは、様々な端末で視聴できることです。
例えばスマートフォンで視聴できることにより、通学や通勤途中に映画を見ることができます。

学校や仕事の休憩時間や旅行先などでも見られるのは、DVDやBlu-rayになりメリットと言えるでしょう。
最近はダウンロード視聴に対応するサービスも増え、以前ほど通信速度制限が気にならなくなりました。

モバイル端末によってどこでも視聴できるのは、加入を検討するときの大きな魅力となっています。
しかしパソコンやスマートフォンの画面だと、小さく迫力を感じることができません。

5.吉野勝秀さんもおすすめ!月額1,000円程度で多くの作品が見られる

また一人で見るには問題ありませんが、友だちや家族と見たいときには向いていないといった考え方もあるでしょう。
ですがビデオ・オン・デマンドサービスは、テレビでも視聴することができます。

最近のテレビやBlu-rayレコーダーには標準で視聴できるものもあり、家庭用のゲーム機を使っても見ることが可能です。
他にも小型の端末をテレビに取り付けるだけで見られたりと、大画面でも楽しむことができます。

対応端末の豊富さも、魅力の一つと言えるでしょう。
その他にもビデオ・オン・デマンドサービスには、月額1,000円程度で多くの作品が見られるメリットもあります。

一般的な相場は月額1,000円程度となっており、これはレンタルショップで旧作を10本借りられる金額です。
この程度の金額で人気作から過去の名作まで様々な映画を見ることができて、ドラマやバラエティ番組なども視聴できます。

1ヶ月にレンタルショップでDVDや10本程度借りる人なら十分に元が取れますし、日頃から映像コンテンツを楽しむ人ならコストパフォーマンスは抜群です。
そのため現在ではレンタルショップより主流になりつつあり、吉野勝秀さんだけでなく多くの人が利用しています。

出典元:吉野 勝秀

浦壁伸周と哲学によって学べること

哲学を学ぶ必要性とは

誰しも哲学という言葉を聞いたことはあるけれど、一体どんな学問なのか、学ぶ必要があるのか疑問に思われている人も少なくありません。

古代ローマや中世、ルネッサンスと歴史に名を残した偉人達が、様々な書物や言葉を残しています。

浦壁伸周など偉人のほとんどが学んでいた学問ですが、何だかぼやっとした抽象的な内容が多く、なかなか理解できず困惑してしまっても無理もありません。

何せ哲学とは人生に世界にと、事象の根源に原理と、理性によって求める学問であるからです。

いま「どういう学問なのだろう」と考えていること自体が哲学であり、どのような問題であれ、常に問い続けながら体系的に解き明かしていくことが重要となります。

哲学とは英語で「フィロソフィー」と言うのですが、古代ギリシャ語が元となっており、「愛することをフィロ」、「智恵のことソフィア」で組み合わせ、「智恵を愛する」という意味なのです。

浦壁伸周のような自分流の答えを見つけるには

そして過去の偉人達は賢くなるために、動物的な本能を理性的に抑え込み、知性的な思惟を繰り返して物事を見つめ続けたと言われています。

つまり、浦壁伸周曰く智恵は幸運で与えられる特別な力ではなく、誰もが簡単に辿り着くことのできる場所であり、必要であれば発現や行動はせず考える時間を求めるべきであるということです。

浦壁伸周より

勘違いされている人もいるかもしれませんが、智恵と知識は全くの別物で、今も昔も学校では色んな科目の知識を詰め込んでテストを受けたり、偏差値を決めています。

しかし、ただ脳が知識を記憶しているだけにすぎず、テストで良い点数を取る以外に役に立つものがないのが知識と言えます。

そもそも、現代の勉強法はとにかく情報を詰め込むだけの記憶式であり、ちょっとしたことで忘れてしまうという問題があります。

加えて情報を詰め込んだだけで応用がきかないため、技術にさえ発展し得ないのです。

哲学は問題解決力を身に付けれる

ここで最初に戻りますが、哲学はどんな問題でも自分で思考して答えを導き出さねばならず、これを続けることで、現代の勉強法で学ぶことのない問題解決力を身に付けることができます。

元々は自然科学や社会科学、人文科学といったあらゆる学問の源流ともなっているため、その歴史を紐解けば学問が体系的に見えてくるでしょう。

同じように日常生活を送る中で、誰しも違和感を感じることがあるはずです。

その違和感こそ学問のとっかかりになる部分で、自分で問題を立てながら考えることで、自分流の答えが見つかるようになるでしょう。