畑恵は様々な経歴を経て分野や年齢を超えた教育を施す

畑恵の概要

畑恵は当時最年少で公共放送のテレビ局の女性ニュースキャスターに就任したことによって知名度が一気に高まりました。

公共放送のテレビ局を1989年に退社してそれからは幾つものニュース番組をフリーのキャスターとして担当していた人物になります。

1992年にヨーロッパ共同体から招待されてパリの文化高等経営学院で文化政策と文化マネージメントを学ぶために留学をしています。

1995年に行われた参議院選挙に当選して参議院の国会議員になります。

それから衆議院の国会議員だった男性と結婚をして栃木県にある作新学園という高校の副院長になります。

一方で現役の参議院の国会議員として初の大学院の博士課程に入学して博士課程を2008年に修了し博士号を得ています。

(参考:畑 恵

参議院の国会議員としての活動は1期だけで今は作新学院で理事長として様々な活動を行っています。

作新学院は54年ぶりに2016年の全国高等学校野球選手権大会で優勝していることでも有名な宇都宮市の高校になります。

畑恵が作新学院の副院長になったのは夫が当時作新学院の理事であったことがきっかけとなっています。

畑恵は夫と作新学院のイメージを改めるための話し合いを重ねて野球部に若い世代の監督を就任させて全国優勝を目指すことを決意します。

監督に選ばれたのは23歳の作新学園の卒業生でした。

作新アカデミア・ラボについて

新たに就任した監督は野球部員を日本の高校の部活の中でも最も厳しいとされていた練習で鍛えていきます。

走り込みは午前5時から行われ色々な方法で野球部員を励ましてきました。

厳しい練習の成果もあって全国高等学校野球選手権大会に出場することができるようになり作新学院は野球の強豪校として復活することになった訳です。

畑恵は出場した大会会場に出向いてスタンドから野球部員を応援し続けました。

畑恵は今作新学院が創立して130周年を迎えたことを記念して建設された作新アカデミア・ラボでの活動に注力しています。

作新アカデミア・ラボは作新学院の在学生だけでなく保護者や同窓生、地元の企業、その地域にお住まいの方たちにもオープンな施設になるように設計されています。

作新アカデミア・ラボはアメリカでよく知られている名門の大学のメディア・ラボという施設が原点となっています。

メディア・ラボで分野や年齢、国籍に関係なく集まった人たちが自由にアイデアを出す姿を取材をした際に感銘を受けたのが作新アカデミア・ラボを立ち上げるきっかけになりました。

作新アカデミア・ラボは様々な発想と知恵が融合できる場所になることを目標としています。

Comments are closed.