子育てを支援するハッピーマム

働くお父さんやお母さんにとって頼りになるのが保育所や保育園ですが、東京都にはハッピーマムなどの認証保育所が存在します。

これは国全体のものではなく、東京都が独自に設置した制度となっており、仕事と子育てに奔走する家庭を支援するものです。

東京都以外にももちろん保育所は多数運営されていますが、これらは認可保育所や無認可保育所に分かれます。

どちらも子供を預かるという点では変わらないものの、認可保育所の指定は国の基準を満たした保育所のみが許可を受けることになります。

国の規定は収容人数や保育士の人数、給食設備についてまで細かく定められており、これにより子育て家庭であっても安心して子供を預けながら働くことができるのです。

しかし一方で国の基準の厳しさは待機児童問題なども生み出し、仕事と子育ての両立を妨げる一因ともなっていました。

そこで東京都は認証保育所を打ち出し、国の基準を満たさなくても東京都の基準は満たす保育所としての指定を行っています。

ハッピーマムといった認証保育所は今、とても人気になっています。

認証保育所の形式は二つあり、A型、あるいはB型と呼ばれています。

このうちA型は基本型と呼ばれるもので、保育園の建物があって、保育士がいて、といった一般的にイメージされる保育所でほぼ間違いがないでしょう。

B型はA型と比較すると小規模な保育所のことで、個人で運営を行って居たり、保育士を含めた数人で運営され、子供の収容人数自体も少ない保育所を示します。

どちらのタイプであっても、運営自体はその保育所の運営氏が実施し、入所の申し込みなども各保育所あてに行うことになります。

また、0歳児の保育を受け付けていること、開園時間が長いことなども特徴と言えます。

待機児童問題に一石を投じた認証保育所

認証保育所の登場は、各地で頻発する待機児童問題に一石を投じることになりました。

東京都のように人口が密集し、かつ現役で働いてる人達が多い地域では、特に保育所問題は深刻です。

安心して子供を預けられる施設として認定するためには、国の基準は必要です。

しかしそれによる保育所不足で子供を預けられない親が増えてしまっては、職場環境まで受けてしまいます。

認可保育所の中にはそれぞれ独自の教育プログラムを持ち、子供の成長に合わせて教育を行ってくれる保育所も存在します。

子供の成長を願って作り上げられた教育プログラムは、やがて子供の将来の手助けとなるでしょう。

認可保育所を積極的に利用し、かつ家庭の教育方針とも合う保育所を選ぶことが、子育ての鍵となっていきます。

ハッピーマム 東京

Comments are closed.