BTOパソコンの老舗ドスパラとは

ドスパラは1992年にDOS/V パラダイスの名称で秋葉原で一号店を開店し、現在はサードウェーブグループが運営母体となっています。

パソコンの販売の他にも、自作パソコンを作る人向けにパソコンパーツの販売なども行っています。

2003年に現在の名称へと変更されました。

ドスパラが他の一般的なパソコンメーカーと少し異なるのは、ユーザーがパソコンの細かい構成を選んで自分だけのパソコンを作ってくれるBTO(ビルトトゥオーダー)パソコンを販売しているという点です。

BTOパソコンは、一般的な既製品とは異なり、自分で自由に構成を選んで、組み立てなどはパソコンに精通したプロの方が組み立ててくれます。

従って、無駄なソフトやパーツなどを省く代わりに、その分高性能なCPUなどを選ぶ事で、最新のオンラインゲームを快適にプレイ出来るパソコンを自分で組み立てるという手間を省いて、かつ安く手にする事が出来るという訳です。

製造は完全に国内の神奈川県綾瀬市の工場で行っている他、サポートセンターも製造工場に併設する形で設置する事で、顧客からの希望や要望をすぐにフィードバック出来る体制が整っています。

BTOパソコンというと、どうしても難しいイメージが付きまとうかも知れませんが、実際にはドスパラのBTOパソコンには他の家電製品などと同じように取扱説明書がきちんと添付されている他、難しいとされるカスタマイズを選ぶ作業も、オススメのカスタマイズを選べば誰でも簡単にカスタマイズを行う事が出来ます。


出典:http://dospara.net/explanation/power_supply.html

また、どうしてもパソコン選びで悩むのであればチャットなどで、専門のオペレーターの助言を参考にしながらカスタマイズを行う事も出来ます。

このように、きちんと取扱説明書が添付されていたり、カスタマイズのサポートなどを懇切丁寧にしてくれるショップは意外に多くは無いので、BTOパソコンに興味はあるけど難しそうで敬遠していたという人でも安心して、購入出来ます。

今やこの手のBTOパソコンを販売する所は珍しくは無くなりましたが、ドスパラはまだBTOパソコンという言葉が定着する前から日本でBTOパソコンの製造・販売などを行って来たパイオニア的存在です。

数あるいわゆるショップブランドパソコンを作る会社の中でも老舗に分類され、統廃合の激しい秋葉原のパソコンショップの中でも依然としてその存在感を示し続けています。

基本的には、インターネット通販による販売がメインですが、全国に北は北海道、南は九州まで22店舗の実店舗もあり、店舗に直接足を運んで注文する事も可能です。

加えて、各店舗ではドスパラの通販サイトで購入したパソコンやパーツなどを店頭で受け取るというサービスも行っています。

このサービスは、好きなタイミングで受け取れるだけではなく、購入商品の正しい取り扱い方を店舗スタッフに聞いたり、パソコンの初期設定や買ったパーツを取り付けてくれたり、新たなパソコンの購入によって不要になったパソコンの買取なども行ってくれます。

■ドスパラの公式サイトをチェック

ドスパラの公式通販サイトでは他のショップブランド系のパソコンショップと比較しても、お得なサービスや特典があります。

プレミアムサービスと呼ばれるサービスはその代表格と言える物で、月額300円でシルバープラン、500円でゴールドプラン、900円でプラチナプランの3つのプランがあり、一番上のプラチナプランだと新品の商品を購入した際の送料やPCクリーニングが無料になったり、商品の特別値引きサービスがあるなど、様々な特典が用意されています。

主なパソコンシリーズには、主にDiginnos(デジノス)、GALLERIA(ガレリア)、raytrak(レイトレック)の3つがあります。

デジノスは法人向けに高品質・高性能・高信頼を実現したシリーズで、電源に80PLUS BRONZEを取得している電源を標準採用、メモリには信頼性の高いCentury Micro社のメモリが選択可能、OSはWindows 7 Professionalや32bit版が選択可能、マザーボードには法人ユーザーから要望の多いASUS製マザーボードなど信頼性の高いパーツを選択出来ます。

ガレリアは、ハイスペックを売りにしているモデルで、各種オンラインゲームを快適にプレイ出来るように最適化されているのが特徴です。

各種オンラインゲームを快適にプレイ出来る事を検証済みのいわゆる推奨モデルも用意されているので、どんなパーツを選べば良いのか分からないという場合でも安心です。

レイトレックシリーズは、動画編集、マンガ・イラストの作成、ゲーム制作などのクリエイティブな作業を行う事に特化したシリーズです。

こうしたクリエイティブ系の作業を行うのに求められる性能やスペックは、同じようにハイスペックなゲーミングパソコンとは異なるので、レイトレックシリーズのようなクリエイティブ系の作業をするのに特化したパソコンが必要になります。

Comments are closed.