こくみん共済は保障の組み合わせ自由で掛け金もリーズナブル

■こくみん共済とは?

こくみん共済は、リーズナブルな掛け金で医療、生命、損害賠償など幅広い保障を行うことができます。

たくさんの保障タイプが用意されていて、ユーザーはその中から自分のライフステージにピッタリ合ったものを自由に組み合わせて選べるようになっています。

例えば、万が一の時に幅広く総合的にサポートしてくれる保障としては、病気・ケガ・死亡まで幅広く保障する「総合タイプ」や後遺障害に備える「生きる安心タイプ」などがありますし、病気やケガに備える保障としては「医療タイプ」「がん保障プラス」「終身医療5000」などがあります。

またケガと損害賠償に備える保障として「傷害安心タイプ」がありますし、シニア向け保障として「終身介護サポート」「シニア医療タイプ」などがあります。

それから、子供向けに特化した「キッズワイドタイプ」などの保障も存在します。

これらのたくさんの保障タイプを、自由自在に組み合わせることができるのでとても便利です。

他の保険会社でしっくりくるサービスがなかったという人も、こくみん共済なら組み合わせ次第で必ず自分にジャストフィットする保障を組み上げることが可能です。

■こくみん共済は掛け金が一律で分かりやすい

また、こくみん共済の保障タイプのそれぞれの掛け金は、年齢・性別を問わず一律になっているので、掛け金が単純明快で分かりやすいです。

例えば、「総合タイプ」の掛け金は月に1800円ですし、「生きる安心タイプ」の掛け金は月に2500円となっています。

この掛け金の額は老若男女問わず一律ですから、掛け金の算出が簡単ですごく分かりやすいです。

他の保険だと、加齢や加入年数などで保険料が変わってきたりして、とてもややこしい話になりがちですが、こくみん共済は一律なので保険料額の計算に頭を悩ませることはありません。

しかも、掛け金がとてもリーズナブルなのも助かります。

■こくみん共済は払い戻しもある

運営主体の全労済は、利益を第一目的にしているのではなく、加入者がみんなで助け合って生活上の様々なリスクを減らしていこうという趣旨で運営しているので、とても安い掛け金で安心を得られるわけです。

ちなみに、こくみん共済では、決算で剰余が生じた場合、掛け金の一部が戻ってくる場合があります。

例えば2015年は、「総合タイプ」では1ヵ月にして300円の払い戻し金がありましたし、「生きる安心タイプ」では1ヵ月にして420円が払い戻されました。

こうやって剰余金を払い戻してくれるのも、全労済が加入者の助け合いを第一目標にして運営しているためです。

Comments are closed.