サイフォン式コーヒーメーカー

コーヒーサイフォンとは、気圧の差を利用してお湯を移動する仕組みの、コーヒーを抽出するための器具の事をいいます。

簡単にコーヒーサイフォンを説明すると、まず、フラスコと呼ばれる下ボールに入ったお湯が加熱され、ロートと呼ばれる上ボールに上がって行き、コーヒー粉とお湯が混ざり合い抽出されてコーヒーとなり、フラスコに戻って来ます。

これが、コーヒーサイフォンの行程になります。

フラスコとロートがしっかりと密着していることで、密封に近い状態を作り出して、中の気圧の変化を利用してコーヒーを作り出すので「バキュームコーヒーメーカー」と呼ばれることもあります。

コーヒーサイフォンは、19世紀にヨーロッパで発明されたもので、日本伝わってきたのは大正時代で、その頃は「コーヒーサイフォン」と呼ばれていました。

その後、「サイフォン」と略化されたり、そのまま「コーヒーサイフォン」と呼ばれたりしています。

日本では、「ドリップ式」と並んでよく知られている昔からのコーヒーの抽出方法の一つになります。

サイフォン式はドリップ式と比べて抽出ムラが非常に少なく、味の信頼性が高いことと、コーヒー抽出時にコーヒー独特の香りが強く出ること、器具が持つレトロ 感や形状、お湯の動きから独特の雰囲気を醸し出していることや、さまざまな特長があり、昭和を思い出させるレトロな喫茶店やコーヒー愛好家などに今でも使用されています。

しかし、コーヒーそのもの味ではドリップ式に劣っていると評価する人もいており、また抽出器具として、取り扱いや、手入れに手軽さが無くドリップ式と比べると劣るため、今でもサイフォン式を使用している人はドリップ式に比べると確実に少なくなっている。

しかし、今の世の中で、レトロ感漂う少し薄暗い灯りの喫茶店の店内でBGMにはGlenn Miller、ヒゲのマスターがヘラでロートのコーヒーを撹拌していて一言、少し低い声で「いらっしゃい」…絵になりますよね。

Comments are closed.